サラリーマンFPのつぶやき

~会社員をしながらFPとして活動しています~

社会人10年を迎えて~私が想う3つのこと(会社編)~

f:id:takahata4274:20180528200002j:plain

サラリーマンとして社会に出て今年で10年になります。この10年は私の人生において様々な変化がありました。

就職、結婚、子供の誕生、マイホームなど...色々ありました。中でも、お金に対する考え方が変わり、FPとして将来働く意思を固めた事が自分の中で最も大きな変化だと思います。

さて、今回は社会人10年を迎えるに当たって、10年の出来事と今後の将来について私の想うところを紹介したいと思います。

初回は「会社について」です。

10年会社に勤めて想うこと

f:id:takahata4274:20180528205824j:plain

 月日が流れるのは早いもので、今の会社に入社して10年が経とうとしています。残念ながら今は仕事に対するモチベーションは無く、FPとして独立するまでの『つなぎ』のような位置付けとなっています。そうなった経緯と想いについて述べたいと思います。

1.なぜ今の会社に入社しようと思ったか

f:id:takahata4274:20180528213438j:plain

結論を言うと「自動車会社に勤務すれば、安定した収入が得られる」と考えたから。

仕事内容はロクに調べもせず、「安定している」という理由だけで会社を決めたといってもよいと思います。

今では、このような決め方をした自分を後悔していますし、良くなかったと反省しています。

2.仕事は苦でしかなかった

f:id:takahata4274:20180528213637j:plain

特に車好きでもなく、化学出身の私にとって畑違いの業務は苦でしかありませんでした。毎日激務で何度も「やめたい。。。」と思ったことを覚えています。

ただ、「すぐにやめるなんて根性無しだ!!」と思われたくなかったので我慢を貫きました。また、当時は親会社に出向中でしたので、

本社に戻れば激務から解放されるだろう。。。

と淡い期待を胸に、歯を食いしばって激務に打ち込みました。

3.何も変わらなかった

f:id:takahata4274:20180528214439j:plain

入社5年目にようやく親会社勤務を終え、本社に戻りました。

本社での新しい業務に心が躍りましたが、実際は何も変わりませんでした、むしろ残業のハードルが親会社より低かったため、更に激務に晒される事になりました。

4.妻との関係が悪くなった

f:id:takahata4274:20180528214635j:plain

平日は朝早く出社し、時には日を跨いで帰宅する。ピーク時は土曜出勤もありましたので、妻と会話する機会が激減しました。

当時、次男が誕生し育児の負担が増えたにも関わらず、育児は妻に任せっきりでした。当然、育児に対する不満は溜まり、けんかも頻繁にしていました。激務で余裕がなかった私は、

誰のおかげでメシが食えると思ってるんだ!」と暴言を吐いた事もあります。

今思えば最低の発言です。

5.そして「うつ」を発症した

f:id:takahata4274:20180528214924j:plain

激務と家庭環境の悪化で、心身共に疲れ切っていました。そしていつからか「中途覚醒」という症状が出ました。夜中に何度も目が覚め、しかも朝に近づくにつれて、その感覚は短くなり、起きたときには心も体も疲れ切った状態です。

このような状態で仕事をするので仕事の効率は悪くなり、ミスも多くなりました。

症状が出た当初は「いずれ治るだろう」と安易に考えていたのですが、一向に回復する気配もなく、それどころか日に日に悪化していき、ついに限界がきて精神科を受診しました。

結果は「うつ病」で、しばらく休職する事になりました。

休職中は家庭を離れ、実家に身を寄せる事にしました。休職し、実家に身を置いている間に長男は3歳の誕生日を迎えていました。誕生日を祝ってあげられなかった事は今でも後悔しています。

6.うつを乗り越えた先に

f:id:takahata4274:20180528215737j:plain

休職し、自分を見つめなおす時間ができた事で比較的早く職場に復帰できました。ただ、以前の様に激務をこなせるバイタリティとモチベーションを完全に失っていたので、激務からかけ離れたグループに異動になり、基本定時間内で業務を行う事となりました。そして今に至ります。

何が良くなかったか

これまでの会社人生の中で何が良くなかったか、自分なりに振り返ってみると、

①安定収入だけを求め、会社分析をしていなかった(仕事内容・勤務形態など)

②仕事内容が苦だと感じていたにも関わらず、行動しなかった(部署移動・転職など)

③激務に対して声を上げず、潰れるまで我慢した。

冒頭でも述べましたが、これから数十年と勤務(するかもしれない)会社を「収入が安定」しているという理由で決めた事は罪が重いと感じています。会社分析をしていなかった結果、仕事内容は苦でしかなくなり、それを我慢し続けた結果、うつを発症したのだと思います。

まとめ

いきなり暗い話になってしまいました。。。この様な事態になったのは、やはり安易な考えで会社を決めた私の責任だと感じています(もちろん、会社の管理責任もあると思いますが)。もう少し早く気づいていれば、転職も選択肢の一つとなっていたと思いますが、今はFPとして独立する事を目指して日々勉強しています。

次回「金銭編」では、うつ病から回復した後、お金に困り生活が困窮した経験からFPを目指すに至った経緯について、想うところを書きたいと思います。

 

長文失礼しました。

続きは以下になります↓

takahata4274.hatenablog.com