サラリーマンFPのつぶやき

~会社員をしながらFPとして活動しています~

『我が家のマネー教育実例』新しいキッズマネー教育法を導入します!

f:id:takahata4274:20180726183838p:plain

先日、キッズマネースクールの資格を取得し、キッズマネースクールの公式HPに講師として登録されました。

今後は未来を生き抜く子ども達のために、積極的にマネー教育を行いたいと思います。

 我が家のマネー教育実施例

さて、我が家で実践しているキッズマネー教育ですが、8月より新たな教育法を導入予定です。その経緯を説明します。

現在、我が家におけるマネー教育法は、

➀お小遣い制

➁お買い物ごっこ

➂オシゴトをして報酬を渡す

というものです。

f:id:takahata4274:20180715210058p:plain

このうち『②お買い物ごっこ』は、10 or 20円で買える『ザコ敵』と、すこし値段の高い『小ボス』の商品を入れて実施しています。『小ボス』は普段のお小遣いで買えない金額に設定しているので、オシゴトをして得た報酬を貯金し、お小遣いと合わせて買うように教育しています。

f:id:takahata4274:20180725192219p:plain

実はこの『小ボス』は定額ではなく、ゲットするごとに商品を変え、値段が上がる設定にしています。

100円、200円、300円と『小ボス』のレベルを上げていき、先日500円の『小ボス』を倒したので、ここらで一気にボスをレベルアップさせました

f:id:takahata4274:20180725194150p:plain

中ボス』として1500円の商品を出現させました。(ドラえもんの筆箱です。)

我が子には、週1回150円のお小遣いと1日のオシゴトの上限50円で、週500円を上限としてお金を渡しています。そのため、『中ボス』を倒すには3週間分のお金を使う必要があります。それは”3週間分のおやつを我慢する”ことになり、子どもにとって非常に過酷です。

(子どもには残酷かもしれませんが)1500円の商品を毎日見せて、お買い物ごっこをすると、

オシゴト頑張ってるのに、全然お金貯まらない!

と不満を漏らすようになりました。

僕はこの発言を待ってました。理由は、

自分の労力を使ってお金を稼ぐには上限がある

ことを感じてほしかったからです。

そのため、マネー教育の次のステップとして、

自分の労力以外で稼ぐ方法を知る

その手段として、

お金にお金を稼いでもらう

という方法を学んでもらおうと思い、新しい教育法を導入する事にしました。

FPゆうまん株式会社の設立

f:id:takahata4274:20180726192712p:plain

もちろん架空会社です。私が株式会社を立ち上げ、息子がオーナー(株主)となる設定です。

FPゆうまん(株)のルール

会社の業績(株価)と配当は以下の通りです。

f:id:takahata4274:20180726205139p:plain

日々変動する商品として日経平均等と連動させるのはハードルが高いので、業績(株価)を天気と連動させる事にしました。

これは、

業績は運任せではなく、天気予報を見れば明日の天気(業績)がおおよそ予測できる

ためです。もちろん、天気予報が100%当たる確証はないので、そこがオーナーが負うリスクとなります。

業績の見える化と投資判断の教育

f:id:takahata4274:20180726211550p:plain

このように毎日業績(株価)を記録し、見えるところに貼り出す予定です。

貼り出す事で、預けた(投資した)お金がどうなっているか(増えているのか減っているのか)見える化できます。

また、明日の天気(業績)を予測する事で、株式の購入や売却のタイミングを子どもに判断させるようにします。

例えば、

『明日は☀だ!買い増ししよう』とか

『明日は☂だ!売却しよう』

といった感じです。

まとめ

今回、私が実施しようとしているマネー教育は、『お金がお金を稼ぐ』といったお金の勉強ができ、天気予報を見る習慣や朝7時に起きる習慣をつける事ができると思うので、一石三鳥くらいの取り組みだと思っています。

私自身も投資をしていますが、投資スタイルは人それぞれです。息子がどのような投資判断をし、『中ボス』を倒すのか楽しみです!

後日、経過をご報告したいと思います。

※本内容は、あくまで我が家のマネー教育方法です。マネー教育はご家庭によって様々ですので、一例として見ていただければと思います。